文学フリマ

お品書き

ホラー99連発アンソロ 2,500円

純文学 文庫本 1,000円

A5 300円

文庫本 300円

一白界談

  • 文庫 / 648P / ホラー99編
  • 発行:放課後文殊クラブ
  • 表紙カラー+クリアカバー
  • 通販ページ

―――"百物語"はお好きですか?

言葉を聞いたことはあっても、実際にやったことのある方は殆どいらっしゃらないでしょう。『百』というのはただの数字であると同時に、『完全』『完成』『すべて』などの意味も同時に宿しています。百は、百点満点の百、百科事典の百、百戦錬磨の百、百鬼夜行の百、百害窮境の百、百害あって一利なしの百、百聞は一見に如かずの百、そして、百物語の百。
といっても百物語を完成させてはなりませんので、ここではお気持ちばかりの一白を抜きまして、九十九話のお話としておきました。『完全』『完成』『すべて』に一歩及ばないものの、とってもぶっとい力ある怪談物語でございます。

三名の執筆陣による吐血しながらの百物語、どうぞどうぞお楽しみください。


一白界談 | ウェブサイト
一白界談 | プロモーションムービー

試し読み一覧(9作読めます)
愛されるべき金魚 / 水揚げの魔法 ネクベトの食祭 ゾウヘイキョク当番 意識の超難問 伝染する最上の幸福 渡り廊下の女生徒 カルミア 夜の海に取り残されてしまったので

Polaris

  • 文庫 / 84P / 純文学
  • Polaris本編に加え、マルヤさまによる解説付
  • カバーデザイン:tamaさま
  • ※この小説にはボーイズラブ要素が含まれています。※災害級ではありませんが、地震の描写が含まれます。
  • 通販ページ

「――きみは、生き返る」

地獄ですら払い戻しを喰らった。涼やかな閻魔は簡単におれを現実へ送り返す。
どうして生き返ったかというと、おれに価値があるからで、
価値っていうのはそう、「愛」のことなんだそうだ。

生き返った青年と、その様子を見に来る閻魔と、長谷川さんの物語。


Polaris | ウェブサイト

標本


試し読み(焼肉定食)


十三月のうた(2020)